《便利お得情報》天災時の非常用電源として大活躍

インターネットのサイトやブログを確認しますと、太陽光発電の広告を貼っているケースが多くあります。
それだけ世間的に注目がされているということで、販売価格も徐々に低下してきているのです。 太陽光発電というのはもちろん初期費用が発生してしまいますが、約10年〜20年で初期費用の元を回収することが出来ます。
そんな太陽光発電を設置することで天災時などの非常用電源として有効的に利用することが出来るのです。
太陽光発電で最初に考えるメリットというのは、電気代を安くすることが可能ということになります。
これは太陽光発電の設置の動機になっている人も多く、場合により黒字になるケースもあるのです。

 

ここ最近になって自然災害が全世界で起こっていますが、そのような時にライフラインが遮断してしまうことがあります。
そのような時に電気だけでも使えるようにしておきますと、後々便利になってくること間違いありません。





傘立て
傘立て
URL:http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/


《便利お得情報》天災時の非常用電源として大活躍ブログ:2017-5-23

読者様は
年末年始をどのように過ごされましたか?

おいらは生まれて始めて、
故郷以外で正月を迎えました。

奥さんとのんびり初詣をしたり、
友人たちとお酒を酌み交わしたり…と、
とっても穏やか〜な時間を過ごすことができました。

それでも、二つほど
心に残る出来事がありました。

一つ目は、奥さんとの会話です。

奥さんがテレビで、
コマーシャルを見ているときでした。

そのコマーシャルは、
まるでサンダーバードの人形みたいなのがでてきて、
「ありがとう!」「ありがとう!」と
万歳をしながら叫ぶんですよ。

奥さんがこれを見ると、同じように両手を挙げて、
おいらに向かって「ありがとう!」と叫ぶわけです。

まぁ、仕方なく
おいらも両手を挙げながら「ありがとう!」と返すわけですが、
これを数回続けていたら、なんとなく気分が軽くなるんですよね。

奥さんも「何かもやもやした気分が吹っ飛ぶ感じだわ」といいながら、
ふと気がつけば「ありがとう!」「ありがとう!」と、
お互いで言い合っています。

ただのバカップルの会話ではありますが、
真剣に何度もやっていると、
心の中のもやっとしたものがどうでもよくなったりします。

お暇でしたら、
誰かノリのいい人と何十回とやってみてくださいね。

二つ目は、実家に挨拶に行ったときです。

実家に帰ったら、
いつものようにパパがリビングで寝そべっていたのですが、
なんとひと月も前に骨折したというではありませんか!

おいらは知らされなかったこともショックでしたが、
病院とは縁のなかったパパが骨折するとはさすがに思っていなくて、
やっぱり歳をとったんだなぁ…
と実感することになりました。