《便利お得情報》太陽光発電は1kwで65万円〜67万円程度に価格が低下

一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか? 太陽光発電を設置する時の工事費用は太陽光発電導入に必要な工事価格をシステムにおける容量で単純に割った金額が必要となります。
これから太陽光発電を設置しようと考えている人は、目安として覚えておくと良いでしょう。
家庭で使用可能な太陽光発電システムが設置され始めた1994年頃には、1kw約200万円と非常に高価なものでした。
しかし現在ではそれも大きく変わり1kw65万円から67万円程度にまで価格が下がりご家庭でも導入しやすくなったのです。

 

住宅の屋根の形や現場の要件、さらにはシステムの規模、また太陽電池の種類でも大きく工事の費用は異なっています。
まずは太陽光発電の設置業者に問い合わせをしてみると良いでしょう。





藤丸敏の専門
藤丸敏ナビ
URL:http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A40007001001


《便利お得情報》太陽光発電は1kwで65万円〜67万円程度に価格が低下ブログ:2017-6-12

わが家では父母と子どもの間で
連日、挨拶をきちんとすることを、
目標の一つにしています。

家では妻がリーダーですから、
子どもに何かしてやったときには
必ず「ありがとうは?」と迫っていて、
やがてみんなが
「ありがとう」と言わされるようになりました。
 
ところがあるとき、
ミーは家で
「ありがとう」としか言っていないことに気が付きました。

大きな子どもとして
妻の世話になっているばかりであったということです。

「ありがとう」は
何かしてもらったときの言葉で、
待っている言葉です。

一方、妻は何と言っているかというと、
「どうぞ」なんです。

世の中は持ちつ持たれつだと言われていますが、
「どうぞ」と言う人がいるから
「ありがとう」と言うことができるんですよね。

ギブアンドテイクが社会における基本的な人間関係ですが、
考えてみれば常にギブが先なのです。
 
子どもは父母の働く後ろ姿を見て育っていくわけですが、
それは「どうぞ」と言っている姿です。

父母と子どもが向き合って、
子どもがいつも父母に「ありがとう」と言っているしつけ方では、
子どもはテイクすることしか身につきません。

父母の後ろ姿を見て、
父母のまねをするようにし向けるしつけが無くなっているようです。

プリーズとは、相手を喜ばせるという意味です。
家族がお互いに相手に喜んでもらおうとするとき、
温かさが醸し出されます。

みんなが「ありがとう」としか言っていないなら、
家族はつながりようがなくなります。

社会人であるためには当然として、
家庭で父親として旦那としての処し方を振り返える
キーワードが見つかりました。

妻が「ありがとう」と言えるように…